社会福祉法人・児童養護施設 エス・オー・エスこどもの村

裏高尾の自然

 

山菜

シモバシラの花という厳冬の氷の芸術も終わり、梅の花・そめい吉野の桜・山桜が一度に咲き乱れて春は終了、その後は山深い高尾山の新緑、深緑への緑のアンサンブルが続く。この時期の楽しみは山菜。竹の子・たらの芽・山椒・ウド・ワラビ・ツクシ・ゼンマイ・ヤブレガサ・モミジガサ・フキノトウ等々数多い山菜達が大いに楽しめます。又、春に採れる「春シメジ」というきのこは、あくを抜けばあっさりした美味しいきのこです。

秋はキノコの季節、赤モミタケ、シロハツ、チチタケ、クリタケ、ヒラタケ、タマゴダケ、ホーキタケ、イグチ等々が採れます。

果物

柿、栗、くるみ、いちじく、銀杏、アケビ、さるなし、ゆず、ウリ、ハヤトウリ等々、家々の庭や高尾山中で実りを迎え、おいしく味わうことが出来ます。

ふと四方を山々に囲まれた袋小路の狭い空を見上げると、オオタカ・トンビを見ることができ自然の深さを感じます。暮らしの中ではカラス・カルガモ・コバト・スズメ・ウグイス・コジュケイ・キジ・ツグミ・メジロ・ヒヨドリ・ヤマセミ・カワセミ等が生活の中で毎日逢う事のできる鳥たちです。主な留鳥はカケス、ヒヨドリ、イカル、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、オナガ、アオゲラ。主な渡り鳥の夏鳥はオオルリ、キビタキ、クロツグミ、ホトトギス、イワツバメ、ヤブサメ、センダイムシクイ、サンコウチョウ。冬鳥はアトリ、ウソ、ゴジュウカラ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、アオジ、カヤクグリ等です。
残念ながらオオルリはここ15年程見ることが出来ません。 

動物

冬は沈黙していましたが、今や厄介者の猪がそろそろ田畑を荒らしだし、はぐれ猿が時々庭先に現れだしそうです。山にはハクビシン・タヌキ・キツネ・モグラ・リス・アナグマ・テン・夜にはムササビが見られます。

昆虫

●チョウ類

ウスバシロチョウ、アサギマダラ、オオミズアオ、オオムラサキ、等々。ギフチョウはここ何年も殆ど見ることが出来ません。

●トンボ類

ムカシトンボ、ミヤマカワトンボ、アキアカネ、オニヤンマ、イシトンボ等々。

●甲虫類

カブトムシ、ミヤマクワガタ、コクワガタ、オオトラカミキリ、ラミーカミキリ等々。

●セミ類

ムギカリゼミ、アブラゼミ、オオゼミ、マツゼミ、ヒグラシ、等々。

爬虫類

マムシ、シマヘビ、アオダイショウ、ヤマカガシ、タカチホヘビ、シロマダラ等々。

両生類

トノサマガエル、イボガエル、ガマガエル、カジカガエル、タゴガエル等々が見られます。 

小仏川は清流でしたがだんだん汚染が広がってきています。でも、大雨の後には一掃され清流に復元します。このような水中にはヤゴ・トビケラ等の水中昆虫、アメンボ・ミズスマシ・トンボ・ホタル(源氏)等が見られます。魚はアブラハヤ・ウグイ・ウナギ・放流及び天然のニジマス・ヤマメ・イワナ・アメマス等がこども達の釣りや水遊びを楽しませてくれます。

町会の行事

1月: 繭玉焼き
3月: 梅祭り
8月: 小山神社祭礼
10月: 浅川地区市民運動会
11月: いちょう祭り

▲このページの先頭へ戻る