社会福祉法人・児童養護施設 エス・オー・エスこどもの村

エス・オー・エスこどもの村からのお願い

こどもの村を支える資金

社会福祉法人エス・オー・エスこどもの村の経営は、全国の皆様の温かいご支援による寄付金で賄われています。使途金は主に施設建物の維持管理、老築施設改築、職員研修補助、アフターケア対応資金、各種保険等々で次から次へと仕事が増えています。皆様の温かいご支援を心よりお待ちしていますと同時に、続けてお願い申し上げます。

児童養護施設エス・オー・エスこどもの村は、措置費(国)、東京都からの補助金の充実化が大分進んでいますが、支給される公費のムラ、ムダをなくし予算の有効活用に努めると共に当施設を応援してくださる地域の方々の心温まる寄付金品を充当して、当施設のより良い支援と運営が行われています。
また、地域とは法人理念の「地域との交流」を旗印に合同で行事を実施し、住民との深い交流を行なっています。
続けてご支援のほどお願い申し上げます。

topshikiri.jpg
未来をつくるこどもたちに温かいご支援を

エス・オー・エスこどもの村は、不運にも交通遺児になってしまった子ども達に一人一人の人格、実情にあった支援を、心温かい職員により愛情に包まれて毎日の生活を送れるように支援をおこなったのが始まりで、児童養護施設として45年が経過しました。創立以来、「未来の宝」である子どもは家庭で育つもの、そして家族の一員として育成され、自立、自活が出来るように一人一人へ日常生活を通してきめ細かく関わっていました。

 時代が変わり、平成27年度からは「子ども・子育て関連3法」がスタートします。社会福祉法人も国民から支援を受けるだけでなく、法人の持つ知識、資源等を地域に還元することが必務となりました。法人の置かれている地域、環境によっても大きな差があります。当法人は、設立時の理念と指針を時代が変わろうとも保ち続けたいと考えています。 法人として、地域への還元も従来通り実施していく予定です。

又、法人の今後の目標は ①構造物の維持・補修 ②職員の意識改革及び養育方法の一元化を求めての研修充実 ③家庭舎制養育を目指す職員の育成と確保 ④この地域で求めている新事業への挑戦 ⑤長期計画を目指す法人運営資金の集積・確保等 を目指しています。これらの目標は、未来をつくる子どもたちを中心とした地域福祉の構築にあります。

 社会福祉法人エス・オー・エスこどもの村は、中長期計画に基づき、「未来をつくるこどもたち」への養育支援を高い目標として掲げ、地域福祉の向上に努力して行きます。これらの計画を達成する為には、法人としての自己資金の蓄積が最大の課題です。

 昨年同様、皆々様の温かいご協力を家族や知人にも広げてご支援頂くことを願っています。
よろしくお願い致します。

事務局: 〒193-0841東京都八王子市裏高尾町991番地 
電 話 042-661-8733
 FAX 042-669-5032
郵便振替口座: 00190-1-86745

社会福祉法人エス・オー・エスこどもの村                                      

                             

評議員

 峰尾 達雄

 梶原 俊子

 加藤 祐子

 大川 富美

 森脇 義治

 斉藤 健一

 小林 正生

 

 
理事長  佐々木武麿
理事

 佐々木泰子
 神   マチ 
 森原 康之
 峯尾 三千年

 村松 和代

 
 監事 

 西山 美雪

 若槻 周平

topshikiri.jpg

▲このページの先頭へ戻る