社会福祉法人・児童養護施設 エス・オー・エスこどもの村

こどもの村沿革

エス・オー・エスこどもの村のSOSは Save Our Souls の頭文字からなり、「魂を救う」という意味合いが込められています。

昭和30年代後半 初代理事長が、交通事故が急増しその遺児たちを救済し、温かい家庭で育成しようと私財を投じて設立。
昭和45年 7月 都川、小仏川にエス・オー・エスこどもの村の橋を架橋
昭和46年 5月 「大地の家」「事務所」落成
昭和46年10月 交通遺児を預かりエス・オー・エスこどもの村を開設
昭和48年11月 社会福祉法人エス・オー・エスこどもの村設立認可(厚生省)
昭和48年12月 児童養護施設エス・オー・エスこどもの村設立認可(東京都)
昭和49年 3月 「月の家」「太陽の家」「星の家」落成
昭和51年 3月 「職員宿舎」「保育室」落成
昭和51年10月

八角形の「図書館」落成、一般開放

昭和56年 3月 「ふるさとの家」「管理棟」落成
平成 元年 3月 グループホーム「駒木野光の家」落成
平成 9年 3月 「大地の家」「事務所」建て替え落成
平成 9年 4月 福祉、子育て電話相談 開設
平成13年 4月 ホームページ開設
アフターケア児自立支援金の開設
平成13年 6月 苦情解決・サービス評価 第三者委員設置
平成16年 4月 福祉サービス第三者評価開始
新会計基準導入
平成16年10月 グループホーム「横川星の家」開設
平成18年 4月 グループホーム「高尾太陽の家」開設(地域小規模児童養護施設)
平成22年 3月 月・太陽・星の家を建替え、「月の家」「虹の家」落成
平成24年 3月 「体育館」落成
平成26年 4月 グループホーム「横川星の家」移転、事業開始
平成27年 3月 グループホーム「駒木野光の家」内部改修等整備完了

honbu.jpg

▲このページの先頭へ戻る