社会福祉法人・児童養護施設 エス・オー・エスこどもの村

エス・オー・エス こどもの村概要

名称 エス・オー・エスこどもの村
所在地 〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町991番地
経営主体 社会福祉法人 エス・オー・エスこどもの村
目的 児童福祉法による児童養護施設
創立 昭和46年10月1日
沿革 こちらをご覧下さい
定員 児童:36名
常勤職員:31名
非常勤職員:9名
計:40名(平成27年4月1日現在)
規模 【所有】11棟 (本部9棟、グループホーム2棟)
    [敷地] 4,418.55m2 [建物] 1,960.41m2
【賃貸】1棟
    [敷地] 234.11m2 [建物] 148.00m2

施設概要はこちらのリーフレットでもご確認頂けます



施設

本部全景

・事務所棟
・管理棟
・図書館
・職員宿舎、体育館
・こどもの広場
・こどもの村の橋
・ふるさとの家
・大地の家
・月の家
・虹の家

グループホーム

・駒木野光の家
・横川星の家
・高尾太陽の家
駒木野光の家横川星の家高尾太陽の家

こどもたちを育成する理念

人間が生活する基盤は家庭です。こどもの養育される場も家庭です。しかし不幸にも保護された幸薄いこども達にも、実の家庭に替わる生活の場としての家庭が必要です。

エス・オー・エスこどもの村では、出来るだけ施設色を排した小舎制による家庭舎及び地域社会の中でのグループホームで暖かい福祉の心と専門技術を兼備したお兄さん、お姉さんによって心豊かに育成されるよう日々の生活が営まれています。
その理念は

心豊かな家庭生活

一般家庭と同じようなあらゆる生活環境を備えた家庭舎で、保護されたこども達5~6名が兄弟姉妹となって一緒に住む家庭が作られます。 こども達が負った心の傷が一日でも早く癒され、愛される喜びを得られるように、お兄さん、お姉さんの暖かい手作りの料理を味わいながら、適切な指導のもとに家庭の躾を身につけさせます。
そしてこども達の自主性を伸ばし学習の大切さ、生きる優しさと人生を切り開いていく心を涵養し、体得し、自立への道を模索させます。

域社会との交流

家庭舎・グループホーム養育が如何に充実していても地域との交流が無ければ地域社会から孤立してしまいます。グループホームの実践のように、こども達が地域の家庭、学校との緊密な連絡のもとに良い友達関係を構築していくように、地域の中の施設として地域住民と協調し、連帯しあいながら地域行事に積極的に参加すると同時に、社会資源として施設のもてる設備、能力、人力を共有することによって地域社会との交流を深め、こども達と共に職員も地域に根ざした社会生活の基礎を培ってゆきます。

こどもたちの生活指針

規律ある日常生活の実践

一般家庭と同じようなあらゆる生活環境を備えた家庭舎で、保護されたこども達5~6名が兄弟姉妹となって一緒に住む家庭が作られます。こども達が負った心の傷が一日でも早く癒され、愛される喜びを得られるように、お兄さん、お姉さんの暖かい手作りの料理を味わいながら、適切な指導のもとに家庭の躾を身につけさせます。そしてこども達の自主性を伸ばし学習の大切さ、生きる優しさと人生を切り開いていく心を涵養し、体得し、自立への道を模索させます。

学力の向上への挑戦

基礎学力の理解および学力の日常生活への応用

自分を見つめ社会の恩寵にこたえる

自分の立場をみつめなおし、社会の恩恵に感謝し、自分の出来ることを積極的に実践して行くように努力指導します。

 

第三者評価

第三者機関による評価を受けています。評価内容は以下をご覧ください。
(とうきょう福祉ナビゲーションで詳細が確認できます)
第三者評価結果

▲このページの先頭へ戻る